歯の健康を守るなら~予防歯科~

むし歯歯周病はその原因がハッキリしているため、予防することが可能な病気です。では、実際にお口の病気を予防するためには何をしたらいいのでしょうか? その答えは毎日の適切なブラッシングです。そしてもうひとつ大切なのが歯科医院での定期的なケアです。

「歯医者は歯が痛くなってから行くところ……」というように、病気の治療をする、つまり"対症療法"をする場所というのが常識でした。しかし、むし歯や歯周病は、どんなによい治療をしても機能の回復をはかることはできても、歯を元通りにすることはできないため、予防が大切です。こちらのページでは、東大阪市御厨栄町のイオンタウン小阪店内の歯医者「ゆう歯科医院」が予防の重要性についてご説明します。

こんなお悩みはありませんか?

「ブラッシングはしているけど、歯の汚れが落ちない」「コーヒー・紅茶・赤ワインで歯に色がついている」「タバコのヤニで歯が黄ばんでしまった」

歯科医院での歯のクリーニングでは、口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が専用の器具を使って歯の汚れを落とします。日頃のブラッシングでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石などの汚れもかなりきれいになります。この歯のクリーニングは軽度の色素沈着(色の濃い飲食物による着色)やタバコのヤニによる黄ばみを軽減する効果がありますので、お気軽にご相談ください。

日本と歯科先進国の歯科に対する意識の違い

歯科医療の先進国であるフィンランドやスウェーデンなどの欧米諸国では、「治療」よりも「予防」が重視されていて、予防歯科での定期検診が広く浸透しています。北欧のスウェーデンでは国民の約9割が、そして米国・英国でもそれぞれ約7~8割が歯科の定期検診を受けているのに対し、日本ではたったの2%程度というデータがあります。

この4ヶ国の「80歳時点での平均残存歯数」は、スウェーデン20本、米国17本、英国15本、そして日本はたったの8本です。歯科先進国に習って予防の意識を高め、歯のケアをすれば、年齢を重ねてもご自分の歯で食事や会話を楽しむことができるはずです。

「ゆう歯科医院」の予防歯科~検査メニュー~

定期検査

お口の中の状態の変化は、自分自身で把握することはなかなかできません。3ヶ月に一度の定期検診では、口腔内のわずかな変化も見逃さないよう歯科医師がチェック。トラブルの早期発見・早期治療につなげます

プラークの染め出し

プラークは歯の色と似ているので、ちょっと見ただけでは見分けがつきません。プラークを染め出すとどこに磨き残しがあるのかを確認できます。それにより今後の適切なブラッシングに役立てることが可能です

唾液検査(RDテスト)

お口の中の環境を調べるために、唾液の分泌量や唾液中に含まれる細菌数を測定。またむし歯菌の数も測定します。それによりむし歯になりやすさを予想するのがRDテストです。1回200円(税別)とお手頃なテストです

当院の予防歯科~処置メニュー~

PMTC

歯科衛生のプロフェッショナルが、専用の器具を使って行う歯のクリーニングです。毎日のブラッシングでは落としきれないプラークや歯石を徹底的に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。汚れの再付着も予防。歯の軽度の色素沈着も除去できるので、自然な歯の白さを取り戻せます。汚れが落ちるので口臭の予防にも役立ちます。定期的にPMTCを受けることはお口の健康を保つためにとても有効です。

STEP01
歯と歯の間や歯周ポケットのプラークや歯石を除去します
STEP02
歯の表面の汚れを専用の器具で落とします
STEP03
仕上げに歯の表面をみがき、汚れの再付着を防ぎます
その他の処置メニュー
ブラッシング指導
患者様のお口の状態に合わせたブラッシング方法をアドバイスします。毎日のご自宅でのケアに活かしていただくことが、むし歯や歯周病などのお口のトラブル予防につながります
フッ素塗布
歯質強化の効果が期待できるフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。歯の再石灰化が促されます。細菌の繁殖を抑える働きもあり、むし歯になりにくいお口の環境維持につながるので、定期的に塗布することをおすすめします
シーラント
むし歯になりやすい奥歯の溝を、歯科用プラスチックであらかじめ塞(ふさ)ぐ処置がシーラントです。お子様の最初に生える永久歯(六歳臼歯)のむし歯予防に効果があります
噛み合わせチェック
噛み合わせに乱れがある場合は詰め物、被せ物の調整をするほか、必要に応じて矯正治療もご提案いたします
院長からのワンポイントアドバイス お口の健康をサポートします

むし歯や歯周病の予防の基本は毎日のブラッシングです。毎食後のブラッシングが理想ですが、できない場合はうがいだけでも予防効果が期待できます。そして大切なのは就寝前のブラッシングです。就寝中はお口の自浄作用がある唾液の分泌量が低下するので要注意。丁寧に汚れを落としてからお休みください。

そして、毎日のブラッシングでは落としきれない汚れは3ヶ月に一度のPMTCできれいにしましょう。お口の中がサッパリして気持ちがいいので、最近ではエステ感覚で通う方も増えています。あなたのお口の健康は私たちがサポートします。

予防歯科や定期検診に関するお問い合わせはこちらにどうぞ 東大阪市御厨栄町 イオンタウン小阪店内 「ゆう歯科医院」

ページトップへ