• 歯が痛い・しみる
  • 重度のむし歯の治療

歯が痛い・しみる~一般歯科~

むし歯にかかり始めの段階では自覚症状はほぼありませんが、ある程度進行すると、「冷たい物がしみる」、「歯が痛む」などの症状が現れます。「歯がしみる」場合は、知覚過敏の疑いもありますが、むし歯も知覚過敏も早期発見・早期治療が大切です。気になる症状がありましたら、東大阪市のイオンタウン小阪店内にある歯医者「ゆう歯科医院」までご来院ください。

むし歯の原因

むし歯とは、歯の表面に付着しているプラーク(歯垢)に棲みつくむし歯菌が、お口の中に残っている糖分をエサに酸を出し、その酸が歯を溶かす病気です。お口の自浄作用がある唾液の分泌が少なかったり、歯質がむし歯に弱かったりするとむし歯になりやすいことがわかっています。

むし歯は、「むし歯菌の存在」「お口の中の食べカス(糖分)」「むし歯に弱い歯質」の3つの条件が重なった状態が続くと起こります。むし歯菌が活発に活動するのは食後です。むし歯予防のためには、お口の中がむし歯になりやすい状況をできるだけ短くすることが大切です。むし歯を予防するために、飲食後はうがいやブラッシングをすることをおすすめします。

むし歯の進行とその治療方法

むし歯はその症状や進行段階によって、CO~C4の5段階に分かれます。むし歯は放っておくとどんどん悪化してしまいます。早い段階のむし歯の治療は比較的簡単に済みますが、悪化すると歯のダメージが大きくなるだけでなく、治療も複雑になります。少しでも気になる症状がありましたら、お早めに当院までご相談ください。

  • C0初期のむし歯
  • C1エナメル質のむし歯
  • C2象牙質のむし歯
  • C3神経に達したむし歯
  • C4神経が壊死したむし歯
症状 治療方法
歯の表面は硬いエナメル質で覆われています。このエナメル質が溶け始め、白く濁った状態です。まだ痛みなどの自覚症状は現れません。 適切なブラッシングやフッ素コートで自然治癒を促します。シーラント(奥歯の溝をレジンで埋める処置)による予防も効果的です。
【通院回数:1回】
症状 治療方法
エナメル質がさらに溶かされ、黒ずんでいる状態です。進行度合いは緩やかですが、冷たい物がしみることがあります。 むし歯にかかっている部分を削り、詰め物・被せ物をして治療します。
【通院回数:1~2回】
症状 治療方法
エナメル質の内側にある象牙質にまでむし歯がおよんだ状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、痛みも感じるようになります。 むし歯部分を削り、詰め物・被せ物をして治療します。
【通院回数:2~3回】
症状 治療方法
むし歯が神経にまで達した状態です。なにもしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 むし歯部分を削り、神経を除去する「根管治療」(下の項へリンク)を行います。そしてその上に被せ物をします。
【通院回数:2~3回】
症状 治療方法
歯の根までむし歯になり、神経が死んでしまった状態です。いったん痛みはなくなりますが、歯根の尖端に膿がたまると再びズキズキ痛みます。 多くの場合、抜歯が必要となります。抜歯後は、入れ歯治療やブリッジ治療、インプラント治療などにより歯の機能を補います。
【通院回数:2~4回】
ドックスベストセメントを使用した負担の少ない虫歯治療

ドックスベストセメントとは、アメリカで認可を受けている薬剤を使用した虫歯治療法です。通常の虫歯治療よりも痛みが少なく、歯を削る量を最小限に抑えるため、患者様に負担の少ない治療が可能です。副作用やアレルギー反応の可能性も少なく、天然ミネラル成分から構成されているため安心して治療を受けていただけます。歯の神経を残せる可能性も高まり、虫歯の再発防止にもつながります。

※初期の虫歯や神経にまで達している虫歯には使用できません。
※日本では未認可のため保険適用外となります。

むし歯の検査と治療の流れ

STEP01 問診票記入・カウンセリング
初診の際は、まず問診票にご記入いただきます。現在お薬を服用中でしたら、お薬手帳もお持ちください。お口の症状などについてご記入いただいた問診票をもとにカウンセリングをいたします。「ゆう歯科医院」では、この初診時のカウンセリングにじっくり時間をかけます。お口の状態や治療に対するご要望、ご質問などございましたら、お気軽におたずねください。プライバシーに配慮し個室もご用意しています。
STEP02 検査・診断
お口の状態を把握するため、さまざまな検査をし、患者様にあった治療方針のプランニングをします。「痛みがある」「出血している」など応急処置が必要な場合はそちらを優先しますので、ご安心ください。
STEP03 検査結果のご説明と治療計画の立案
患者様に検査結果をご説明します。そしてこれからの治療方針をお話しし、治療計画を立てます。治療方法に選択肢がある場合は、それぞれの治療について詳細にご説明します。丁寧でわかりやすいご説明を心がけていますので、わからないことがありましたら、なんでもご質問ください。
STEP04 治療開始
インフォームドコンセント(歯科医師が治療内容を説明し、患者様が同意すること)を大切にしています。治療の目的をはっきりさせることで、歯の健康に対する意識も深まるはずです。治療計画にご納得いただけましたら、治療を開始します。
STEP05 メンテナンス
治療が終了しましたら、健康的なお口の状態を保つためのメンテナンスの始まりです。患者様のお口の状態に合わせて定期検診の時期をご提案します。お口のトラブル予防のために、毎日のケアと合わせて、定期的な歯科医院でのケアをご活用ください。
院長からのワンポイントアドバイス むし歯は早く治しましょう
ある程度進んでしまったむし歯は自然に治ることはありません。放っておくとどんどん悪化しますので、早い段階で治療をすることがお口の健康のためにも重要だといえます。歳を重ねても、ご自分の歯でお食事を楽しむことができるように、それにつながる定期検診を活用してください。むし歯の早期発見・早期治療につながるだけでなく、予防にも効果的です。

重度のむし歯でも歯の根を残します~根管治療~

むし歯が神経にまで到達してしまった場合(上記のむし歯の進行段階でいえばC3の段階)では、そのむし歯にかかった神経を除去する処置を行います。一般的に「神経を抜く」といわれているのが、この「根管治療」です。

根管治療の種類

根管治療には大きく分けて抜髄治療と感染根治療の2つがあります。こちらでは、2つの根管治療の特徴をご説明します。

抜髄治療

むし歯が進行し歯の内部の神経が冒されてしまったり、神経が死んでしまったりした場合は、神経を除去する治療を行います。それが抜髄治療です。神経を除去した後は、神経が通っていた管の壁を清掃し、隙間なく薬を充填します。根管部はそれぞれの歯によって神経の数や形が異なり、複雑な構造をしているため高度なテクニックと細心の注意が必要です。

神経を除去した後、そのままに放置したり、薬の充填が不完全だったりした場合、細菌が根の中で繁殖し、根の先にまで感染が及び骨も溶かしてしまう危険性もあります。そのため、抜髄治療は丁寧に行わなければなりません。

感染根治療

以前に根管治療を受けたにもかかわらず、根の先が細菌感染している場合や治療が不完全で骨に影響を及ぼしている場合は、再治療が必要になります。それが感染根治療です。患部が炎症を起こし、根元に膿が溜まっている状態の際も治療が必要となります。

感染状況によって治療回数やかかる時間が異なります。以前に詰めた薬剤を取り除き、根の壁を清掃して形態を整えるには抜髄治療よりも手間と時間がかかるケースが大半です。そのため、抜髄治療を行った後のメンテナンスをしっかり行うことが重要になります。

根管治療の重要性

「根管」とは歯の神経や血管が入っている細い管のこと。その中から感染物質をすべて除去して、洗浄・消毒して薬剤を詰めることを「根管治療」といいます。「根管治療」を行うことで、従来なら抜歯をしなければならなかった歯でも、歯の根だけでも残すことができるようになります。抜歯を防ぎ、歯の根が健在なことで口腔内のバランスも保ちやすくなります。

根管は細く複雑な形状をしています。そのため治療はとても困難です。それに加え、洗浄・消毒が不十分だと再発しやすく、根尖病巣(歯の根の先に膿がたまること)ができてしまうこともあり、そうなると再治療を行う必要に迫られたり、今度こそ抜歯せざるを得なくなったりすることがあるのです。そうならないためにも根管治療は正確に、精密に行う必要があります。

一般的な根管治療の流れ

STEP01 神経・血管の除去

むし歯菌に汚染された根管内の神経や血管を取り除きます

STEP02 根管の長さの測定

根管内を成型し、専用器具を使って根管の深さを測定します

STEP03 根管内の洗浄・消毒

根管内部にむし歯菌が残らないようにしっかり洗浄・消毒し徹底的に除菌します

STEP04 薬剤の充填

根管内に細菌が入らないように、すき間なく薬剤を充填し、密閉します

STEP05 被せ物の土台形成

被せ物を装着するための土台を、金属やグラスファイバーなどで作製し、装着します

STEP06 被せ物の装着

土台に被せ物を装着して治療完了です

院長からのワンポイントアドバイス 根管治療した歯はメンテナンスが大切です
根管治療は、歯の神経を取り除くことで健康な歯に比べてもろくなります。そのうえ、残っている歯の根の部分にむし歯が再発したり、歯周病にかかったりしても痛みや異変に気づきにくくなります。せっかく治療した歯を長持ちさせるためにも、毎日のブラッシングによるケアとともに、歯科医院で定期的なケアを受けるようにしましょう。

歯周病の治療のあとはメンテナンスの始まりです お口の健康のために予防歯科をご活用ください 東大阪市御厨栄町 イオンタウン小阪店内 「ゆう歯科医院」

ページトップへ