• 歯茎から出血する
  • 薬で治す痛くない歯周病治療

歯茎から出血する~歯周病~

歯周病というと年齢を重ねてからかかるイメージがあるかもしれませんが、最近では20歳以下の若年層にもみられるケースがあります。「歯茎が腫れている」「歯茎から血が出る」「「歯がグラグラする」「口臭がきつくなった」などの症状は歯周病のサインかもしれません。

日本人の成人の約8割がすでにかかっているか、またはその予備軍といわれるほど蔓延している歯周病。それは初期の段階では痛みなどの自覚症状がなく、進行に気づきにくいことが一因だといえるでしょう。もしお口の変化に気づいた際は、なるべく早く東大阪市御厨栄町の「ゆう歯科医院」にご相談ください。

歯周病とは?

歯周病とは歯茎の炎症から始まり、やがては歯を支える骨も溶かして、歯が抜け落ちてしまうことにつながる怖い感染症です。歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」に分かれます。初期段階である「歯肉炎」では、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が歯茎に炎症を起こします。そして歯と歯茎の溝(歯周ポケット)深くしていき、さらに炎症が進むと歯を支える顎の骨を侵食。この段階が「歯周炎」です。

歯周病の進行とその症状

進行段階 症状 自覚症状

初期段階

歯茎に炎症を起こしている「歯肉炎」です。歯周ポケットの深さは4mm以下で、痛みはまだありません
  • 歯茎が赤く腫れる
  • ブラッシングをすると出血する

第2段階

歯を支える歯周組織にまで炎症が達した状態です。歯周ポケットは4~6mm程度の深さになります
  • 歯茎からの出血
  • 歯がグラつく
  • 口臭がきつくなる
  • 膿が出る

第3段階

歯周ポケットの深さが6mm以上となり、歯を支える顎の骨が半分以上溶けてしまった状態です
  • 触れると痛い
  • 歯が大きくグラつく
  • 膿が出る
  • 歯が抜けてしまうことも

歯周病の外科的治療

軽度から中度の歯周病においては基本的な治療によって改善できますが、中度から重度になると外科的治療が必要になるケースもあります。歯周病が重度にまで進行すると、奥深くに入ってしまった歯石を取り除くために歯肉を切開。そして、歯と歯ぐきの間に溜まった歯石を除去し、歯肉を縫合するフラップ手術や部分的に失われた骨を再生させるエムドゲインなどの外科的治療を施します。

歯周病の外科的治療には、その他にもさまざまな手術がありますので、患者様の症状に合わせて最適な方法をご提案します。

歯周病はお口の中だけの病気ではありません

歯の周りの病気と書く歯周病。お口の中だけの病気と思われがちですが、実は次のような全身疾患と深いつながりがあります。

糖尿病 心血管系疾患 肺炎 妊娠・出産のトラブル
糖尿病と歯周病は相互関係にあり、一方の病状の改善や悪化は他方にも同じように影響するという報告があります 歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなるので、心筋梗塞や狭心症、動脈硬化や脳梗塞などを招くことがあります 唾液に含まれている歯周病菌が、気管から肺に入り込むことにより炎症を引き起こすことがあります 歯周病菌が子宮の筋肉に影響して、早産や低体重児出産を引き起こす危険性を高めてしまうことがあります

「ゆう歯科医院」の歯周病検査メニュー

歯周ポケット測定検査 歯の動揺度検査 レントゲン検査
「プローブ」という器具で歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度合いを確認します ピンセット状の器具で歯をつまみ、グラつき度合を調べます レントゲンで顎の骨の状態を撮影し、骨密度や骨の状態を調べ、歯周病の進行度合いを確認します

「ゆう歯科医院」の歯周病治療メニュー

スケーリング ルートプレーニング 歯周内科治療
「超音波スケーラー」という器具を使い、毎日のブラッシングではなかなか落とせないプラークや歯石を取り除きます スケーリングでも除去しきれない歯茎の深い部分に付着するプラークや歯石を「キュレット」という器具で取り除きます。仕上げには歯面を滑らかにして汚れの再付着を防ぎます

細菌検査でお口の中の歯周病菌やカビ菌の種類を特定し、その除菌のための薬剤を使用して、口腔内環境を根本的に整える治療です

PICK UP! 当院では歯周内科治療も行っています

これまで歯周病を治すのは歯周外科治療が主流でしたが、当院では、薬で歯周病の治療を行う歯周内科治療も行っています。患者様のお口の状態により、選択肢のひとつとして考えられる場合はご提案していますので、詳しくはお気軽にご相談ください。

薬で治す痛くない歯周病治療~歯周内科~

歯周病は歯茎の炎症から始まって、放っておくと歯が抜けてしまうこともある怖い感染症です。これまでの重症の歯周病治療では、歯茎を切開して行う外科治療が主流でした。歯茎にメスを入れることになりますので、患者様には少なからず負担がかかってしまいます。

患者様の負担を減らすために、東大阪市御厨栄町のイオンタウン小阪店内1階にある歯医者「ゆう歯科医院」では、メスを使わずに歯周病菌を取り除くことのできる「歯周内科」での治療をおすすめしています。
※歯周内科治療はグループ医院の「いとう歯科医院」と連携して行います。

歯周内科について

細菌の作用により歯周組織に炎症を引き起こす歯周病。この原因となる細菌を死滅させる効果のあるお薬を服用することで歯周病を治療する比較的新しい歯科診療の分野が歯周内科です。歯周病治療のために、お薬の服用だけでなく、お口のクリーニングとともに歯周病菌に効果的な歯磨き剤を使って、口腔内を除菌。治療の痛みもほとんどなく、外科治療よりも短い治療期間で済みます。

歯周内科の歯周病治療のステップ

STEP01検査
お口の中に潜む歯周病菌(細菌やカビ菌)の数や種類を特定します
STEP02お薬の服用
顕微鏡で確認した歯周病菌に有効なお薬を処方し、服用していただきます
STEP03お口の中の細菌とカビ菌の除去
カビの除去薬剤やカビ取り歯磨き剤でお口の中のカビを除去します
STEP04歯石除去
歯石がある場合は、除菌後に除去します
ドクターからのワンポイントアドバイス歯周病は早めに治療しましょう

かかり始めの歯周病は、自覚症状がないので、じわじわと進行し、気づいたときには症状が悪くなっていることがほとんどです。日本人が歯を失う原因の第一位である怖い病気でもあるので、早期の対応が重要になります。「歯茎が腫れている」「歯茎から血が出る」「口臭が気になりだした」それは歯周病のサインかもしれませんので、気になる症状がありましたら、お早めにご相談ください。

歯周内科の治療でしたら、痛みもなく比較的短期間で治療ができます。お口の中の細菌検査のみでも承りますので、イオンタウン小阪店内の「ゆう歯科医院」にお気軽にお問い合わせください。

国民病ともいえる歯周病詳しく知って予防や治療に役立ててください 東大阪市御厨栄町 イオンタウン小阪店内 「ゆう歯科医院」

ページトップへ